Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
梳き鋏
Document Type and Number:
Japanese Patent JP5922213
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】本発明は、毛髪の微調整の施術を容易にした梳き鋏を提供する。【解決手段】毛髪Aを取り込むための刃先溝10が設けられた第1の鋏半部2と棒刃3aが設けられた第2の鋏半部3とをピボット4により連結した梳き鋏において、前記第1の鋏半部2には、先部側に位置する櫛部2aが設けられ、前記櫛部2aの前列は、前記刃先溝10が設けられた切断領域S1を有し、前記櫛部2aの後列は、前記刃先溝10が設けられない非切断領域S2を有し、前記第2の鋏半部3には、前記切断領域S1及び前記非切断領域S2に対応して切刃部が設けられ、前記ピボット4と前記非切断領域S2との間において、前記第1の鋏半部2と前記第2の鋏半部3とが接触しない毛髪逃げ空間Rが設けられている。【選択図】図3

Inventors:
神山 伸彦
Application Number:
JP2014252571A
Publication Date:
May 24, 2016
Filing Date:
December 15, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
神山 伸彦
International Classes:
B26B13/08; B26B13/24
Domestic Patent References:
JP3123764U2006-07-27
JP2006055585A2006-03-02
JP2006191940A2006-07-27
JP3127186U2006-11-24
JP2005323951A2005-11-24
Foreign References:
US0628722A1899-07-11
Attorney, Agent or Firm:
山田 和明
窪谷 剛至
鈴木 礼至