Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
画像表示装置の製造方法、光硬化性樹脂組成物及び光透過性硬化樹脂層
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6370967
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】リフティング現象を抑制できる画像表示装置の製造方法を提供する。【解決手段】画像表示装置の製造方法は、光硬化性樹脂組成物を、光透過性光学部材の表面又は画像表示部材の表面に塗布して、光硬化性樹脂組成物層を形成する工程(A)と、光硬化性樹脂組成物層に光照射して仮硬化を行うことにより、仮硬化樹脂層を形成する工程(B)と、画像表示部材と光透過性光学部材とを仮硬化樹脂層を介して貼合わせる工程(C)と、仮硬化樹脂層に光を照射して本硬化させることにより、画像表示部材と光透過性光学部材とを光透過性硬化樹脂層を介して積層して画像表示装置を得る工程(D)とを有する。光硬化性樹脂組成物は、ラジカル重合性成分を合計31〜55質量%と、可塑剤を40〜66質量%とを含有し、アクリル系モノマーとして環構造を有する(メタ)アクリレートモノマーを5〜19質量%含有する。光透過性硬化樹脂層は、せん断貯蔵弾性率が1000〜320000Paである。【選択図】図1G

Inventors:
高橋 宏
林 直樹
菅原 直人
Application Number:
JP2017125891A
Publication Date:
August 08, 2018
Filing Date:
June 28, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
デクセリアルズ株式会社
International Classes:
G09F9/00; C08F290/06; C09J4/02; C09J5/00; C09J11/06; G02F1/1333; H01L27/32; H01L51/50; H05B33/04; H05B33/10
Domestic Patent References:
JP2014202996A2014-10-27
JP2013237797A2013-11-28
JP2016210638A2016-12-15
JP2014202996A2014-10-27
JP2013237797A2013-11-28
JP2016210638A2016-12-15
Foreign References:
WO2017022285A12017-02-09
WO2013191254A12013-12-27
WO2017022285A12017-02-09
WO2013191254A12013-12-27
US20170015880A12017-01-19
Attorney, Agent or Firm:
野口 信博