Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
浚渫泥土の圧送装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6391869
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】メンテナンスが容易で耐久性に優れた浚渫泥土の圧送装置を提供する。【解決手段】浚渫泥土Dを吸引する第1及び第2の貯泥タンク24,24Aと、泥土Dの流入方向に開成する逆止弁31,31と、第1及び第2の貯泥タンク24,24Aを減圧して第1及び第2の貯泥タンク24,24A内に浚渫泥土Dを吸引する吸引用コンプレッサ94と、第1及び第2の貯泥タンク24,24Aを加圧して第1及び第2の貯泥タンク24,24A内の浚渫泥土Dを排出する加圧用コンプレッサ104,104Aとを備える。これにより第1及び第2の貯泥タンク24,24Aの一方を吸引用コンプレッサ94により減圧して浚渫泥土Dを一方の貯泥タンク24内に吸引し、略同時に、浚渫泥土Dが溜まっていた他方の貯泥タンク24Aを加圧用コンプレッサ104,104Aにより加圧して浚渫泥土Dを排出することができる。【選択図】図1

Inventors:
小柳 直太郎
Application Number:
JP2018042627A
Publication Date:
September 19, 2018
Filing Date:
March 09, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
小柳 直太郎
International Classes:
E02F3/88; E02F7/00
Domestic Patent References:
JPH342844U1991-04-23
JPH10131230A1998-05-19
JPH343524A1991-02-25
JP2008031745A2008-02-14
JPS62284832A1987-12-10
JPH0343524A1991-02-25
JPH0342844U1991-04-23
Attorney, Agent or Firm:
牛木 護
高橋 知之
加藤 裕介