Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
回路遮断器及び回路遮断方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6516078
Kind Code:
B1
Abstract:
アークの戻りを抑制し、高いアーク電圧を維持することで、遮断性能を向上させる回路遮断器を提供する。固定接点を有する固定子と、固定接点に接離する可動接点を有する可動子とを有し、接点間で発生したアークをアークランナーで消弧室に誘導する。消弧室には、グリッド及び支持板が複数枚積層されている。グリッドは、固定接点及び可動接点側の端部にアークを引き込む切欠部が形成され、切欠部の頂部に隣接されて幅方向に伸長された絶縁部を有する。

Inventors:
松村 康平
相良 雄大
Application Number:
JP2018567764A
Publication Date:
May 22, 2019
Filing Date:
August 06, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
三菱電機株式会社
International Classes:
H01H73/18; H01H9/36
Domestic Patent References:
JP54089278A
JP59113946U
JP2016538692A
JP2004152703A
JP2006012540A
JP677417B2
Attorney, Agent or Firm:
村上 加奈子
松井 重明
倉谷 泰孝