Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
自動車クリーニングブラシ製造装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6565056
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】本発明は自動車クリーニングブラシ製造装置を開示した。【解決手段】製造機を含み、前記製造機の中には製造チャンバが設置され、前記製造チャンバの中にはクリーニングブラシの主体がスライドできるように設置され、前記製造チャンバの上側には内端壁がネジ状である昇降チャンバが連通設置され、前記昇降チャンバの中には昇降ブロックがネジ山により接続され、前記昇降ブロックの下端面には下端が前記製造チャンバの中に伸びている穿孔軸が固定的に設置され、本発明は独立的にクリーニングブラシの移動と、回転及びブラシ固定操作を完成し、連続的に単一のクリーニングブラシを製造し続け、製造量に制限されなく、単一のクリーニングブラシの製造効率が高く、構造が安定である。【選択図】図1

Inventors:
童浩
Application Number:
JP2019053916A
Publication Date:
August 28, 2019
Filing Date:
March 20, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
天台県有成汽車用品有限公司
International Classes:
A46D3/06
Domestic Patent References:
JP2003219911A
Foreign References:
EP1561395A1
EP0284125A1
Attorney, Agent or Firm:
鄒 静文