Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
清拭用人体洗浄装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6596645
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】霧ノズルを用いた温水噴霧流により清拭対象者の洗浄を行うにあたり、低水量であるにもかかわらず極めて良好な洗浄能力を有するとともに、ノズル通過時の温水の温度低下を最小限にとどめることができる清拭用人体洗浄装置を提供する。【解決手段】清拭用人体洗浄装置1において気液混合噴射部2に、気流通路がノズル先端の噴射ピンホールに連通するように形成され、加圧空気流を供給することにより噴射ピンホールから噴射空気流を発生させる空気噴射ノズル3と、温水流を空気噴射ノズル3の先端側に導くとともに、空気噴射ノズル3の噴射空気流の中心軸線に関する半径方向において負圧吸引領域の外側に開口するように温水流出口の位置が定められ、かつ噴射空気流の中心軸線に向け傾斜形態で近づく向きに温水が流出するよう先端角度が定められた温水ノズル4とを設ける。噴射ピンホールよりも前方側にて噴射空気流に温水流が混合されつつ噴射される。【選択図】図1

Inventors:
岡田 光司
Application Number:
JP2018246932A
Publication Date:
October 30, 2019
Filing Date:
December 28, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
有限会社起福
International Classes:
A61H35/00; A47K7/08; A61H33/00; B05B7/08; B05B7/12
Domestic Patent References:
JP2016112386A
JP10179680A
Foreign References:
WO2009056887A1
US20110137268
Attorney, Agent or Firm:
上野 英樹