Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
2,3−ビスホスフィノピラジン誘導体、その製造方法、遷移金属錯体及び不斉触媒並びに有機ホウ素化合物の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6635639
Kind Code:
B1
Abstract:
下記一般式(1)で表される2,3−ビスホスフィノピラジン誘導体。(式中、R1、R2、R3及びR4は、置換されていてもよい直鎖状若しくは分岐状の炭素数1〜10のアルキル基、置換されていてもよいシクロアルキル基、置換されていてもよいアダマンチル基又は置換されていてもよいフェニル基を示す。R5は置換されていてもよい炭素数1〜10のアルキル基又は置換されていてもよいフェニル基を示し、それぞれが同一の基でも異なる基であってよい。R6は一価の置換基を示す。nは0〜2の整数を示す。)

Inventors:
Hajime Ito
Hiroaki Iwamoto
Tsuneo Imamoto
Ken Tamura
Natsuhiro Sano
Application Number:
JP2019552646A
Publication Date:
January 29, 2020
Filing Date:
March 01, 2019
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Nippon Chemical Industry Co., Ltd.
National University Corporation Hokkaido University
International Classes:
C07F19/00; B01J31/24; C07F1/08; C07F5/02; C07F7/08; C07F7/10; C07F9/6512; C07F15/00
Domestic Patent References:
JP200756007A
JP2008260734A
Foreign References:
Attorney, Agent or Firm:
Showa International Patent Office