Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
水素添加石油樹脂の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2004056882
Kind Code:
A1
Abstract:
粘着付与樹脂に用いるシクロペンタジエン系化合物とビニル芳香族化合物とからなる水添石油樹脂の製造方法において、粘着付与樹脂の粘着性能を向上させつつ、生産性の向上をも両立させる製造方法を提供する。シクロペンタジエン系化合物とビニル芳香族化合物とを、溶媒として、重合時に副生する低分子量体を4質量%以下含有する回収溶媒を使用して、溶液共重合を行う重合工程、および該共重合体を分離するための脱溶媒工程、次いで、分離した該共重合体を溶媒に溶かして水素添加反応を行う水素化工程、ならびに、水素化工程反応混合物から、水素添加石油樹脂中に6〜10質量%の水素添加低分子量体が残存するように水素添加石油樹脂を分離するための脱溶媒工程、からなる水素添加石油樹脂の製造方法である。

Inventors:
山根 秀樹
Application Number:
JP2004562036A
Publication Date:
April 20, 2006
Filing Date:
December 09, 2003
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
出光興産株式会社
International Classes:
C08F8/04; C08F232/06; C09J125/00; C09J125/08; C09J157/02
Domestic Patent References:
JP2002088117A2002-03-27
JPH0656920A1994-03-01
JPH0251502A1990-02-21
JPH02127409A1990-05-16
JP2002544338A2002-12-24
JPH09124728A1997-05-13
JPH09124727A1997-05-13
Attorney, Agent or Firm:
大谷 保
東平 正道