Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
WT1遺伝子トランスジェニック動物
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2004060055
Kind Code:
A1
Abstract:
17AA+/KTS−スプライス型のWT1 cDNAを含むlck−hGHベクターが導入されたWT1トランスジェニック(Tg)マウスを作出した。WT1−Tgマウスの胸腺においてT細胞系列が正常に発生したか否かを検討した。その結果、CD4−CD8−ダブルネガティブ(DN)細胞は、WT1−Tgマウスの2系統のいずれの胸腺においても正常同腹仔より多かった。さらに、胸腺の腫大を伴うリンパ性白血病が発症した。この結果は、lckプロモーターによって駆動されるWT1遺伝子の発現により、T細胞系列の胸腺内分化がブロックされ、その後リンパ性白血病が発症することを示すものである。

Inventors:
杉山 治夫
山上 保
宮崎 徹
岡 芳弘
Application Number:
JP2004564543A
Publication Date:
May 11, 2006
Filing Date:
December 26, 2003
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
中外製薬株式会社
杉山 治夫
International Classes:
A01K67/027; A61K45/00; A61P35/02; A61P43/00; C07K14/47; C12N5/10; C12N15/09; C12N15/12; C12N15/85; C12Q1/02; C12Q1/68; G01N33/15; G01N33/50
Domestic Patent References:
JPH10503365A1998-03-31
JPH08506014A1996-07-02
JPS6181743A1986-04-25
Foreign References:
Other References:
JPN6009051912, J Am Soc Nephrol, 2000, Vol.11,Suppl.16, p.S106−S115
JPN6009051914, Hum Mol Genet, 2002, Vol.11,No.6, p.651−659
JPN6009051917, J Am Soc Nephrol, 2002, Vol.13,No.8, p.2058−2067
JPN6009051920, Blood, 2000, Vol.96,No.4, p.1480−1489
JPN6009051923, Blood, 1998, Vol.91,No.8, p.2969−2976
JPN6009051924, Oncogene, 1998, Vol.16,No.7, p.925−932
Attorney, Agent or Firm:
清水 初志
新見 浩一