Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
α−オレフィン・環状オレフィン・ポリエン共重合体およびその製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2006118261
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明のα−オレフィン・環状オレフィン・ポリエン共重合体は、エチレンを含むα−オレフィンモノマーから導かれる構成単位(A)、環状オレフィンモノマーから導かれる構成単位(B)およびポリエンモノマーから導かれる構成単位(C)を含み、非晶性であるかまたは結晶融解熱が90kJ/kg未満であることを特徴としている。本発明によれば、側鎖に二重結合を導入した環状オレフィン系共重合体であるα−オレフィン・環状オレフィン・ポリエン共重合体およびその効率的な製造方法を提供することができる。本発明に係るα−オレフィン・環状オレフィン・ポリエン共重合体は、架橋反応用に利用でき、ポリマーの強度や耐熱性向上が期待できる。また、変性を行うことで共重合体に官能基を導入できるため、極性基含有ポリオレフィンを製造するための原料として利用することもできる。

Inventors:
松居 成和
吉田 育紀
槇尾 晴之
松浦 貞彦
三谷 誠
藤田 照典
Application Number:
JP2007514841A
Publication Date:
December 18, 2008
Filing Date:
April 28, 2006
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
三井化学株式会社
International Classes:
C08F210/00; C08F4/64; C08F232/00; C08F236/02
Domestic Patent References:
JPH07224122A1995-08-22
JPH04175360A1992-06-23
JPH06228237A1994-08-16
JPH0971618A1997-03-18
JP2004107563A2004-04-08
JPS4430875B1
Attorney, Agent or Firm:
鈴木 俊一郎
牧村 浩次



 
Previous Patent: 静電結合型高分子ベシクル

Next Patent: BALUSTRADE