Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
芳香環化合物の芳香環への水素添加方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2007063974
Kind Code:
A1
Abstract:
小規模な設備においても実施可能な、比較的穏和な条件で進行する芳香環化合物の芳香環への水素添加方法であって、且つ環境への負担が小さいものを提供すること。溶媒としての水又はアルコール系溶媒中に、芳香環化合物及び不均一系白金族触媒を添加し、得られた懸濁液に対して、該溶媒の融点(℃)から該溶媒の沸点(℃)に60(℃)を加えた温度範囲内の条件下において水素を接触せしめる。

Inventors:
佐冶木 弘尚
前川 智弘
廣田 耕作
門口 泰也
Application Number:
JP2007548015A
Publication Date:
May 07, 2009
Filing Date:
November 30, 2006
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
財団法人名古屋産業科学研究所
International Classes:
C07B35/02; C07C5/10; C07C13/18; C07C13/28; C07C29/20; C07C35/21; C07C51/36; C07C61/08; C07C67/303; C07C69/757; C07C227/16; C07C229/28; C07D211/42; C07D211/60; C07D309/04
Domestic Patent References:
JPH11315037A1999-11-16
JPH10204002A1998-08-04
JPS4535300B1
JPH07507041A1995-08-03
JPH10279508A1998-10-20
JP2003286222A2003-10-10
JPS647953A1989-01-11
JPS4969631A1974-07-05
JP2006083080A2006-03-30
Attorney, Agent or Firm:
中島 三千雄
中島 正博