Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
スフィンゴ糖脂質の合成法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2008096880
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明は、未だ確立されていない効率的な糖脂質合成法を開発することを課題とする。本発明により、糖脂質を生成するための方法が提供される。この方法は、以下:(a)保護された糖と脂質アミド保護体とを、該保護された糖と該脂質アミド保護体とが結合する条件下で反応させて、糖−脂質アミドアクセプター前駆体を生成させる工程;(b)該糖−脂質アミドアクセプター前駆体を、該糖−脂質アミドアクセプター前駆体内の分子内縮合反応が進行する条件で反応させて、糖−脂質アミドアクセプターを生成させる工程;(c)該糖−脂質アミドアクセプターと保護された糖鎖ドナーとを、該糖−脂質アミドアクセプターと該保護された糖鎖ドナーとが連結する条件下で反応させて、保護された糖脂質を生成させる工程;および(d)該保護された糖脂質を、該保護された糖鎖ドナーが脱保護する条件下で脱保護反応をさせて、糖脂質を生成させる工程を包含する。

Inventors:
木曽 真
石田 秀治
藤川 紘樹
平井 政彦
Application Number:
JP2008557184A
Publication Date:
May 27, 2010
Filing Date:
February 08, 2008
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
国立大学法人岐阜大学
International Classes:
C07H9/02; C07H15/04; C07H15/10; C07H15/203
Attorney, Agent or Firm:
山本 秀策
森下 夏樹
▲駒▼谷 剛志