Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
3,6−O−架橋反転ピラノース化合物及びβ−O−ピラノシドの製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2009102022
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明は、β−O−ピラノシドを選択的に、しかも簡便に製造するためのβ−O−グリコシル化剤として有用な3,6−O−架橋反転ピラノース化合物を提供することを課題とする。本発明の3,6−O−架橋反転ピラノース化合物は、一般式(1)【化1】[式中、RA及びRBは、共に水素原子を、又は互いに結合してベンゼン環を形成していることを示す。RC及びRDは、一方が水素原子を示し、他方は−OR2基を示す。R1は、水酸基又はハロゲン原子を示す。R2及びR3は、各々水酸基の保護基を示す。]で表される。

Inventors:
山田 英俊
朝倉 典昭
岡田 康則
Application Number:
JP2009553464A
Publication Date:
June 16, 2011
Filing Date:
February 13, 2009
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
学校法人関西学院
International Classes:
C07H9/02; C07H1/00
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人三枝国際特許事務所