Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2010047109
Kind Code:
A1
Abstract:
【課題】強度が高い硬化体を得ることができ、かつ環境に与える影響の小さなポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体を提供する。【解決手段】本発明は、(A)1分子中の少なくとも一方の末端がシラノール変性したポリオルガノシロキサンと、(B)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.01〜2モルのチタニウムアルコキシドと、(C)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.01〜2モルのα-ヒドロキシカルボニル化合物若しくは0.01〜2モルのヒドロキシカルボン酸エステルとを含むポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体である。【選択図】なし

Inventors:
中村 修平
長 広明
芦田 恭典
村上 泰
清水 航
Application Number:
JP2010534696A
Publication Date:
March 22, 2012
Filing Date:
October 22, 2009
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
国立大学法人三重大学
国立大学法人信州大学
International Classes:
C08L83/06; C08G79/00; C08K5/057; C08K5/07; C08K5/11
Attorney, Agent or Firm:
長谷川 洋