Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
固体状ポリメチルアルミノキサン組成物およびその製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2010055652
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明は、シリカなどを利用することなく、比較的微粒子で、粒子径もより均一であり、オレフィン系重合体を調製する際の重合活性も高い固体状ポリメチルアルミノキサン組成物とその製造方法を提供する。重合触媒とオレフィン系重合体の製造方法を提供する。アルミニウム含有量が36質量%から41質量%の範囲にあり、かつトリメチルアルミニウム部位に由来するメチル基のモル分率が12モル%以下である固体状ポリメチルアルミノキサン組成物。ポリメチルアルミノキサンとトリメチルアルミニウムを含有する芳香族系炭化水素溶液を加熱して固体状ポリメチルアルミノキサン組成物を析出させる工程を含む、上記固体状ポリメチルアルミノキサン組成物の製造方法。上記固体状ポリメチルアルミノキサン組成物と遷移金属化合物を触媒成分として含有するオレフィン類の重合触媒とそれを用いたオレフィン系重合体の製造方法。

Inventors:
加地 栄一
吉岡 悦男
Application Number:
JP2010537691A
Publication Date:
April 12, 2012
Filing Date:
November 11, 2009
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
東ソー・ファインケム株式会社
International Classes:
C08G79/10; C08F4/6592; C08F10/00
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人特許事務所サイクス