Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
神経細胞突起伸展作用を有する化合物
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2011010364
Kind Code:
A1
Abstract:
【課題】神経変性系疾患の予防又は治療に有用な、神経細胞突起伸展作用を有する新規化合物を提供する。【解決手段】次式(I)【化1】[式中、Xは、OR又はNR1R2を表し、Yは、OH、NR3R4、−NHC(=NH)NHR5又は−NHC(=NH)R5を表し、Zは、水素原子、直鎖状の若しくは分岐した炭素原子数1ないし5のアルキル基又は窒素原子、硫黄原子若しくは酸素原子を1若しくは2個有し得る5若しくは6員環のアリール基を表す。]で表される化合物又はその医薬的又は獣医学的に許容される塩。【選択図】なし

Inventors:
根本 英雄
松谷 裕二
Application Number:
JP2011523505A
Publication Date:
December 27, 2012
Filing Date:
July 21, 2009
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
リードケミカル株式会社
International Classes:
C07J17/00; A61K31/585; A61P25/28
Attorney, Agent or Firm:
萼 経夫
宮崎 嘉夫
加藤 勉
伴 知篤



 
Previous Patent: OFDM RECEIVER

Next Patent: SEMICONDUCTOR DISPLAY