Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
皮膚外用剤
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2012105542
Kind Code:
A1
Abstract:
皮膚におけるケラチノサイト増殖及び分化促進作用並びにコラーゲン産生増強作用を併せ持ち、表皮及び真皮の組織構造や生理機能の維持、改善を助けて、優れた皮膚改善効果をもたらす、持続性の抗シワ作用を有する皮膚外用剤を提供することを課題とし、α−D−グルコピラノシル−(1→3´)−アデノシン及び/又はα−D−グルコピラノシル−(1→5´)−アデノシンを有効成分として含有する皮膚外用剤を提供することにより解決する。

Inventors:
石原 達也
牛尾 慎平
山本 朗子
大倉 隆則
福田 恵温
Application Number:
JP2012555885A
Publication Date:
July 03, 2014
Filing Date:
January 31, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
株式会社林原
International Classes:
A61K8/60; A61K31/7076; A61K45/00; A61K47/10; A61P17/00; A61P17/16; A61Q19/02; A61Q19/08; C07H19/167
Attorney, Agent or Firm:
須磨 光夫