Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
竹製ボード及び複合ボード並びにそれらの製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2012117581
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明の竹製ボード10は、竹桿11の長手方向に直交する断面が相対向する平行な二面を二組有するように、竹桿11を構成する筒の表層11aを切削してなる角筒状素体12を複数用意し、複数の角筒状素体12を互いに平行に配列し、複数の角筒状素体12の相対向する切削面12a同士を第1接着剤21を介して接着固定して作られる。この竹製ボードは従来のように竹桿を割裂し、弧状の竹材から平板状に切削成形することなく、筒状のまま製造するので、平板状に成形した竹材を使用する際に生じていた反り等の変形が生じ難く、竹本来の中空構造を利用して製造するので十分な強度を有し、かつ軽量である。

Inventors:
夜光 道夫
Application Number:
JP2013502132A
Publication Date:
July 07, 2014
Filing Date:
July 28, 2011
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
光洋産業株式会社
International Classes:
B27J1/00; B27M3/00
Attorney, Agent or Firm:
須田 正義



 
Previous Patent: LUBRICATING DEVICE OF TRANSMISSION

Next Patent: NEEDLE BEARING