Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
カーボンブラシ
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2013180156
Kind Code:
A1
Abstract:
整流子被膜が過剰に生成することに起因する、温度上昇や摺動音の増大を抑制することができるカーボンブラシの提供を目的としている。本発明は、表面及び内部に気孔を有するカーボンブロック基材を備え、モータに設けられた整流子に接触して摺動するカーボンブラシであって、上記モータの作動時におけるカーボンブラシの温度よりも沸点が高い石油系溶剤と、油脂とから成る懸濁液が、上記気孔内に存在することを特徴とするものであり、上記カーボンブロック基材に対する上記懸濁液の割合は、0.5重量%以上6重量%以下であることが望ましい。

Inventors:
詫間 政幸
Application Number:
JP2014518694A
Publication Date:
January 21, 2016
Filing Date:
May 29, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
東洋炭素株式会社
International Classes:
H02K13/00; H01R39/26
Domestic Patent References:
JPS59211983A1984-11-30
JP2007049894A2007-02-22
JP2004173486A2004-06-17
JPS5790370U1982-06-03
JP2006067702A2006-03-09
JPH09201014A1997-07-31
JPS63152680A1988-06-25
JPS59211983A1984-11-30
JP2007049894A2007-02-22
JP2004173486A2004-06-17
JPS5790370U1982-06-03
Attorney, Agent or Firm:
来代 哲男
田村 正憲



 
Previous Patent: GAME MACHINE

Next Patent: SEWING MACHINE