Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
スパークプラグ
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2014024501
Kind Code:
A1
Abstract:
接地電極において、耐酸化性の十分な向上を図りつつ、その過熱をより確実に防止する。スパークプラグ(1)は、主体金具(3)及び接地電極(27)を備える。接地電極(27)は、主体金具(3)の先端部から先端側に向けて延びる電極基部(271)と、電極基部(271)の先端に一端が連接された屈曲部(272)と、屈曲部(272)の他端から延び、中心電極(5)との間で火花放電間隙(28)を形成する電極先端部(273)とを具備する。接地電極(27)のうち少なくとも電極先端部(273)において、少なくとも先端面(27F)と、外周面のうち中心電極(5)側に位置する面(27A)以外の面とには、接地電極(27)の母材における耐酸化性よりも優れた耐酸化性を有する材料からなる被膜層(31)が設けられる。電極基部(271)の少なくとも一部は、接地電極(27)の母材が露出する。

Inventors:
中山 勝稔
鹿島 智克
山田 達範
Application Number:
JP2014529321A
Publication Date:
July 25, 2016
Filing Date:
August 09, 2013
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
日本特殊陶業株式会社
International Classes:
H01T13/32; H01T13/20; H01T13/39; H01T21/02
Attorney, Agent or Firm:
青木 昇
中島 浩貴