Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
結合構造およびスプライン結合体の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2014038096
Kind Code:
A1
Abstract:
熱処理を施すことによって径の異なるスプライン凹条を確保して、軸部材の外周面に形成されたスプライン突条を中空部材の中空部内周面に形成されたスプライン凹条に圧入固定させることができる。軸部材の外周のスプライン突条を、圧入始端側の第1スプライン突条と、第1スプライン突条よりも大径の圧入後端側の第2スプライン突条で構成し、中空部材の中空部内周面のスプライン凹条を、熱処理を施すことによって形成された圧入始端側の第2スプライン突条に対応する径の第1スプライン凹条と、圧入後端側の第1スプライン突条に対応する径の第2スプライン凹条で構成する。

Inventors:
井部 精治
松田 敬
Application Number:
JP2014534148A
Publication Date:
August 08, 2016
Filing Date:
September 06, 2012
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
愛知機械工業株式会社
International Classes:
F16D1/06; F16B4/00; F16D1/072
Domestic Patent References:
JP2001030788A2001-02-06
JP2008095950A2008-04-24
JPH0357551U1991-06-03
JP2007162874A2007-06-28
JP2007032760A2007-02-08
Attorney, Agent or Firm:
福山 正寿