Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
新規2−アミノベンゾイル誘導体
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2016027757
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明の課題は、トリプトファン代謝経路に存在する代謝産物の構造を変換することにより、うつ病、非定型うつ病、治療抵抗性うつ病、不安神経症、双極性障害、強迫性障害、PTSDなどの精神疾患並びに線維筋痛症のような慢性疼痛症状および慢性掻痒の治療および/または予防薬に効果を発揮する新規化合物を提供することである。本発明は、式(1)で表される化合物もしくはその薬学上許容される塩、またはそれらの水和物もしくは溶媒和物およびその医薬用途に関する。[式中、Qは下記式(2a)〜(2c):(式中、R1は水素原子等を表し;R2およびR3は、同一または異なって、水素原子等を表すか;あるいは、それらが結合する炭素原子と一緒になって、3員〜8員のシクロアルカン環を形成してもよく;R4およびR5は、同一または異なって、水素原子等を表すか;あるいは、それらが結合する窒素原子と一緒になって、3員〜8員の環状アミンを形成してもよく;nは0、1、2、3、4、または5を表す]

Inventors:
島田 昌一
山本 雪子
▲高▼井 健太郎
水嶋 真吾
Application Number:
JP2016544191A
Publication Date:
July 20, 2017
Filing Date:
August 17, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
国立大学法人大阪大学
International Classes:
C07C225/22; A61K31/137; A61K31/397; A61K31/40; A61K31/4462; A61P17/04; A61P25/00; A61P25/04; A61P25/18; A61P25/20; A61P25/22; A61P25/24; C07D205/04; C07D207/08; C07D211/32
Attorney, Agent or Firm:
鮫島 睦
品川 永敏
呉 英燦