Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
コア採取装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2016051459
Kind Code:
A1
Abstract:
先端クリアランス調整機構を備えた場合であっても、大型化や重量増加を抑制することができるコア採取装置を提供する。コア採取装置(1)は、先端にビットを有する外管(2)と、外管に供回りを規制して内挿された内管(3)と、内管の先端に取付けられたコア取込手段(4)と、外管の上端部に連結された外側支持体(5)と、外側支持体の内部に螺入されて内管の上端部に連結された内側支持体(6)と、外管に対して内管を軸方向(X)に進退移動させる進退操作部(10)と、を備え、進退操作部は、内側支持体の周囲を囲み外側支持体の外側から回転操作可能なリング部材(11)と、リング部材の回転を内側支持体に伝達するキー部材(12)と、を有し、キー部材の軸方向の寸法が径方向の寸法以下に形成されている。

Inventors:
Naoto Yamada (1473, Nanaido, Chosei-mura, Chosei-gun, Chiba-ken *1 Christensen Rosa x maikai A Takumi Chiba in the hall)
Tetsuomi Miyamoto (1473, Nanaido, Chosei-mura, Chosei-gun, Chiba-ken *1 Christensen Rosa x maikai A Takumi Chiba in the hall)
Application Number:
JP2016551348A
Publication Date:
June 22, 2017
Filing Date:
September 29, 2014
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
Christensen Rosa x maikai (8-1-10, Nishi-Gotanda, Shinagawa-ku, Tokyo)
International Classes:
E21B25/00; E02D1/04
Domestic Patent References:
JP2007231630A2007-09-13
JPS49120803A1974-11-19
JPS4861301A1973-08-28
JP344014081B
Attorney, Agent or Firm:
Fumio Takino
Hideo Takino
Takao Kawasaki
Toshiaki Tsuda
Shoji Torino
Yasuhiro Fukuda