Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
カケロマイシンおよびその誘導体の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2016136963
Kind Code:
A1
Abstract:
抗真菌活性及び細胞毒性を示し、新たな抗真菌剤または抗がん剤として期待されるカケロマイシンおよびその誘導体を化学合成によって製造する方法を提供すること。式(2):[式中、Rは、置換されていてもよい炭化水素基または置換されていてもよい複素環基を示し;nは0または1を示す。]で表される化合物またはその塩を酸化反応に供する工程を包含する、式(1):[式中、Rおよびnは上記で定義した通りである。]で表される化合物またはその塩の製造方法。

Inventors:
石川 彰彦
石見 盛太
Application Number:
JP2017502519A
Publication Date:
December 21, 2017
Filing Date:
February 26, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
オーピーバイオファクトリー株式会社
株式会社シード探索研究所
International Classes:
C07D498/04; C07C221/00; C07C225/06; C07C225/10; C07C225/16; C07C269/06; C07C271/18; C07D211/46; C07D211/74; C07D261/04
Foreign References:
WO2015030197A12015-03-05
Other References:
MATSUMOTO Y ET AL., A NOVEL ANTIFUNGAL AGENT DISCOVERED FROM STREPTOMYCES SP. IN SEA SAND, POSTER PR, JPN6014050842
平成25年度 戦略的基盤技術高度化支援事業 「新たな分離源処理法及び発酵培養法の開発による海洋性微生物, JPN6016010487, March 2014 (2014-03-01)
Attorney, Agent or Firm:
高島 一
土井 京子
鎌田 光宜
田村 弥栄子
小池 順造
當麻 博文
赤井 厚子
戸崎 富哉