Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ピラゾール誘導体の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2016152886
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明は、医薬や農薬の中間体として有用なピラゾール誘導体の新規な製造方法、並びに前記方法における新規な中間体化合物を提供する。本発明は、化合物(5)と酸化剤とを反応させ、ピラゾール誘導体(6)の製造方法に関する。(式中、R1、R2、R3、X1、X2及びZ1は、請求の範囲及び明細書と同義である。)

Inventors:
石橋 雄一郎
おおち 洋輔
三宅 徳顕
山崎 祐輔
清水 翔太
Application Number:
JP2017508374A
Publication Date:
January 18, 2018
Filing Date:
March 23, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
旭硝子株式会社
International Classes:
C07D231/14; C07C221/00; C07C225/14; C07D231/12
Attorney, Agent or Firm:
高島 一
土井 京子
鎌田 光宜
田村 弥栄子
小池 順造
當麻 博文
赤井 厚子
戸崎 富哉