Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
熱間圧延用チタン材
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2017018523
Kind Code:
A1
Abstract:
工業用純チタンまたはチタン合金からなる母材1bと、母材1bの少なくとも一方の圧延面に形成された母材1bとは異なる化学組成を有する表層部1aと、を備え、表層部1aが、その厚さが2.0〜20.0mm、全厚さに占める割合が片面あたり40%以下であり、表層部1aに含まれる元素の含有量を複数点測定したとき、母材1bからの増加含有量の平均値CAVEと各測定箇所における母材1bからの増加含有量C0との関係:|CAVE−C0|/CAVE×100が40%以下である、熱間圧延用チタン材1。前記表層部の化学組成は、母材からの増加含有量として、質量%で、Fe、Cr、Ni、AlおよびZrから選択される1種以上:0.08〜1.0%を含む。この熱間圧延用チタン材1は、安価にも関わらず、所望の耐疲労性を有する。

Inventors:
滿田 浩史
國枝 知徳
立澤 吉紹
▲高▼橋 一浩
Application Number:
JP2017530943A
Publication Date:
December 21, 2017
Filing Date:
July 29, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
新日鐵住金株式会社
International Classes:
B21B1/02; B21B3/00; B23K15/00; C22C14/00
Domestic Patent References:
JP2014233753A2014-12-15
JP2000045091A2000-02-15
JP2000045067A2000-02-15
Foreign References:
WO2014163087A12014-10-09
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人ブライタス