Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
架橋型核酸GuNA、その製造方法および中間体化合物
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2017047816
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明は、グアニジン架橋型人工核酸(以下、GuNAと略す)の製造方法、およびその製造のための中間体化合物を提供する。具体的には、本発明は、一般式I:(式中、R1、R2、R3、R4、R5、R6、m及び環Aは明細書に記載する通りである)で表される化合物またはその塩を製造する方法であって、一般式II:(式中、R1、R2、R3、R4、R5、R6、m及び環A’は明細書に記載する通りである)で表される化合物に還元剤を反応させることにより製造する方法を提供する。

Inventors:
小比賀 聡
川西 英治
澤本 浩昭
山腰 修平
新井 勇樹
熊谷 新司
Application Number:
JP2017540049A
Publication Date:
July 05, 2018
Filing Date:
September 20, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
田辺三菱製薬株式会社
国立大学法人大阪大学
International Classes:
C07H19/067; A61K31/7088; A61K48/00; C07H9/06; C07H19/10; C07H19/16; C12N15/09
Attorney, Agent or Firm:
鮫島 睦
森本 靖
秋山 信彦



 
Previous Patent: 発光装置

Next Patent: External mirror device