Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
酸ハライド溶液の製造方法、混合溶液、及びモノエステル化合物の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2017056501
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明は、重合性液晶化合物を工業的に有利に製造可能な製造中間体等として有用な、酸ハライド溶液の製造方法を提供する。本発明の酸ハライド溶液の製造方法は、非水混和性有機溶媒中において、テトラアルキルアンモニウム塩の存在下、ハロゲン化剤、及び、ジカルボン酸化合物を反応させることにより、酸ハライドを含む非水混和性有機溶媒溶液を得る工程(α)、並びに、得られた非水混和性有機溶媒溶液を濃縮する工程(β)を含む。

Inventors:
奥山 久美
坂本 圭
佐貫 加奈子
岩城 宏樹
Application Number:
JP2017542756A
Publication Date:
July 19, 2018
Filing Date:
September 29, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
日本ゼオン株式会社
International Classes:
C07C51/60; C07C61/08; C07C67/14; C07C69/75
Attorney, Agent or Firm:
杉村 憲司
杉村 光嗣
寺嶋 勇太