Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
蛍光分析バイオチップ用感光性組成物、蛍光分析バイオチップの製造方法および蛍光分析バイオチップ
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2017082307
Kind Code:
A1
Abstract:
蛍光分析の際のノイズとなる光が抑制されたバイオチップの提供。エーテル性酸素原子を有していてもよいフルオロアルキル基と重合性架橋基を有する重合体と波長365nmでの吸光係数が400[mL・g−1・cm−1]以下である光開始剤とを含む、蛍光分析バイオチップの液接触面上に撥液性膜を形成するための感光性組成物。蛍光分析バイオチップの液接触面上に該感光性組成物を塗布し、露光し、現像する、蛍光分析バイオチップの製造方法。

Inventors:
桜田 智明
小尾 正樹
Application Number:
JP2017550363A
Publication Date:
October 18, 2018
Filing Date:
November 09, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
AGC株式会社
International Classes:
G03F7/038; C08F220/32; C08G59/68; G01N21/64; G03F7/004; G03F7/028; G03F7/20
Attorney, Agent or Firm:
棚井 澄雄
鈴木 三義
柳井 則子