Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
金属と炭素繊維との複合材の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2017110140
Kind Code:
A1
Abstract:
金属と炭素繊維との複合材の製造方法は、炭素繊維(1)等を含有する塗工液(5)をグラビア塗工装置(20)により金属箔(10)の表面(10a)に塗工することで、金属箔(10)の表面(10a)上に炭素繊維層(11)が形成された塗工箔(12)を得る工程と、塗工箔(12)が複数積層された状態の積層体を形成する工程と、積層体を塗工箔(12)の積層方向に加圧しながら加熱することにより塗工箔(12)を接合一体化する工程と、を具備する。グラビア塗工装置(20)のグラビアロール(21)の周面(21a)のセル(22)の形状はカップ状であり、且つ、セル(22)の口形状に内接する円の直径は炭素繊維(1)の平均繊維長に対して1.2倍以上に設定されている。

Inventors:
溝 達寛
Application Number:
JP2017557733A
Publication Date:
October 18, 2018
Filing Date:
August 25, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
昭和電工株式会社
International Classes:
C22C47/20; B32B5/28; B32B15/08; B32B37/02
Attorney, Agent or Firm:
清水 義仁
清水 久義
高田 健市
杉浦 健文