Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
電気接点用のクラッド材及び該クラッド材の製造方法
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2017204129
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明は、Cu系の析出型時効硬化材からなる基材に、Ag合金からなる接点材料を接合してなる電気接点用のクラッド材であって、前記接点材料と前記基材との接合界面における、Ag及びCuを含む拡散領域の幅が2.0μm以下であることを特徴とする電気接点用のクラッド材である。このクラッド材は、予め、溶体化処理及び時効硬化がなされた基材と接点材料とを接合して製造することで、接合後に拡散領域が拡大することを抑制されている。本発明によれば、Cu系析出型時効硬化材が有する特性を損なうことなく、高導電率を達成の電気接点を得ることができる。

More Like This:
Inventors:
新妻 巧望
青山 由典
竹内 順一
井戸 隆太
高橋 秀也
Application Number:
JP2018519515A
Publication Date:
March 22, 2019
Filing Date:
May 19, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
田中貴金属工業株式会社
International Classes:
H01H1/04; H01H11/04
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人田中・岡崎アンドアソシエイツ