Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
研削加工物の製法及びカップ砥石
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2018030120
Kind Code:
A1
Abstract:
以下の工程(a),(b)により、研削対象物10の側面を研削して研削対象物10よりも小径の研削加工物を製造する。工程(a)では、カップ型砥石30を、中心軸30aが研削対象物10の中心軸10aに直交した状態から中心軸30aを平行にオフセットするように配置する。工程(b)では、研削対象物10を軸回転させると共に軸方向に移動させながらカップ型砥石30が研削対象物10の側面を研削するようにカップ型砥石30を軸回転させる。こうすることにより、カップ型砥石30の側面砥石部36で研削対象物10を荒削りしながら底面砥石部38で研削対象物10の外周面を仕上げ削りして研削加工物を得る。

Inventors:
北村 和正
細川 博史
野口 信愛
Application Number:
JP2018532912A
Publication Date:
July 18, 2019
Filing Date:
July 21, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
日本碍子株式会社
International Classes:
B24B5/04; B01D39/20; B24B5/50; B24D7/00; B28B11/12
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人アイテック国際特許事務所