Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
近赤外線カットフィルタ、固体撮像素子、カメラモジュールおよび画像表示装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2018030247
Kind Code:
A1
Abstract:
可視透明性および赤外線遮蔽性が良好で、かつ、固体撮像素子などに組み込んだ際に、パープルフリンジが抑制された画像を得ることが可能な近赤外線カットフィルタ、固体撮像素子、カメラモジュールおよび画像表示装置を提供する。銅錯体を含有する近赤外線カットフィルタであって、透過率T450が85%以上であり、透過率T350と透過率T450との比であるT350/T450が0〜0.3であり、透過率T700と透過率T550との比であるT700/T550が0〜0.2であり、波長800〜1000nmの範囲において近赤外線カットフィルタの反射率の平均値が80%以下である。

Inventors:
人見 誠一
有村 啓佑
川島 敬史
大河原 昂広
津山 博昭
Application Number:
JP2018532974A
Publication Date:
April 18, 2019
Filing Date:
August 03, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
富士フイルム株式会社
International Classes:
G02B5/22; G02B5/26; G03B11/00; G09F9/00; H01L27/146
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人特許事務所サイクス