Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
接続構造及びその接続構造を備えたガイドワイヤ
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2018051440
Kind Code:
A1
Abstract:
【課題】 二つの金属を接続する為の接続構造において、接続部の柔軟性をさらに向上させ、特に、二つの金属が異種金属の場合であっても、適切に接続することができる接続構造及びその接続構造を備えたガイドワイヤを提供する。【解決手段】 接続構造1は、ステンレス合金からなる第1の棒体3とニッケル−チタン合金からなる第2の棒体5との間に、ステンレス合金からなる第1の金属素線9とニッケル−チタン合金からなる第2の金属素線7とを巻回して形成された多条コイル4を配置し、ステンレス合金からなる第1の棒体3は、多条コイル4のステンレス合金からなる第1の金属素線9と接続され、ニッケル−チタン合金からなる第2の棒体5は、多条コイル4のニッケル−チタン合金からなる第2の金属素線7と接続されている。【選択図】図2

Inventors:
米 澤 聡
Application Number:
JP2016566844A
Publication Date:
September 13, 2018
Filing Date:
September 14, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
朝日インテック株式会社
International Classes:
F16F3/10; F16F1/06; F16F1/12
Attorney, Agent or Firm:
吉本 聡