Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
接点部材、接点部材の製造方法、および接点部材を備える押釦スイッチ用部材
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2018066490
Kind Code:
A1
Abstract:
【課題】高信頼性および低コストの接点部材およびそれを備える押釦スイッチ用部材を提供する。【解決手段】本発明は、ゴム状弾性体11の一方の面に、1層または2層以上の貴金属以外の金属から成る網状接点12を露出させるように埋設した接点部材10であって、網状接点12のゴム状弾性体11から露出した領域のみに、網状接点12の最表面の金属よりも導電性の高い高導電性金属のコート層30を備える接点部材10、その製造方法および当該接点部材10を備える押釦スイッチ用部材1に関する。【選択図】図2

More Like This:
Inventors:
横山 和房
Application Number:
JP2018543880A
Publication Date:
July 25, 2019
Filing Date:
October 02, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
信越ポリマー株式会社
International Classes:
H01H1/04; H01H11/04
Attorney, Agent or Firm:
めぶき国際特許業務法人
長谷川 洋



 
Previous Patent: Air-conditioning system

Next Patent: Refrigerating device