Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
過電流検出装置及びこれを用いた遮断器
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2018083840
Kind Code:
A1
Abstract:
定格電流値を変更する際に、過電流検出装置(1)の内部構成を変更しなくても、磁束の変化割合の不均衡による影響を低減できる過電流検出装置(1)を提供する。過電流検出装置(1)は、固定継鉄(4)と、固定継鉄(4)との距離である空隙長が変更可能な可動継鉄(5)と、軸方向に移動可能に配置された可動鉄心(3)と、電流が供給される導体(8)と、可動鉄片(2)と、荷重調整機構としての調整ばね(10)を備える。可動鉄片(2)は、固定継鉄(4)に回転自在に設けられ、調整ばね(10)は、可動鉄心(3)への吸引を妨げる方向に可動鉄片(2)を付勢し、空隙長に応じて、可動鉄片(2)に対する付勢力が変化可能に設けられることを特徴とする。

Inventors:
甲斐 孝幸
森 貢
Application Number:
JP2018548460A
Publication Date:
December 06, 2018
Filing Date:
July 13, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
三菱電機株式会社
International Classes:
H01H71/74; H01H73/36
Domestic Patent References:
JPS4979720U1974-07-10
JPS507075A1975-01-24
JPS49141356U1974-12-05
Foreign References:
US5870009A1999-02-09
Attorney, Agent or Firm:
村上 加奈子
松井 重明
倉谷 泰孝