Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
火落ち時間制御方法、火落ち時間制御ガイダンス表示装置、コークス炉の操業方法、及び、火落ち時間制御装置
Document Type and Number:
Japanese Patent JPWO2019003670
Kind Code:
A1
Abstract:
本発明に係る火落ち時間制御方法は、燃焼室と炭化室とが交互に連接されて炉団を構成するコークス炉における各炭化室の火落ち時間を制御する火落ち時間制御方法であって、炭化室毎の火落ち時間を目的変数とし、炭化室毎の炉温に関する情報を説明変数とした関係式を求めるステップと、この関係式と、直近の所定期間内における炉温の温度変化傾向とに基づいて、次回の火落ち時間を予測するステップと、予測した次回の火落ち時間が、予め設定された目標火落ち時間となるように、炭化室毎の温度操作量を求めるステップと、炭化室毎の温度操作量を燃焼室毎の温度操作量に変換するステップと、を含むことを特徴とするものである。

Inventors:
橋本 佳也
山辺 博之
北山 喜昭
Application Number:
JP2018543183A
Publication Date:
June 27, 2019
Filing Date:
May 14, 2018
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
JFEスチール株式会社
International Classes:
C10B21/10
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人酒井国際特許事務所