Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ABSORPTION CHILLER HEATER, HEAT EXCHANGER, CONTROL METHOD FOR ABSORPTION CHILLER HEATER
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016176603
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】温度分布を有する気体から熱媒体を用いて熱回収をする排ガス熱交換器において、熱回収効率を高めるとともに、この排ガス熱交換器を適用した吸収式冷温水機を提供する。【解決手段】熱媒体を供給する入口配管201と、入口ヘッダー管203と、複数の伝熱管205と、出口ヘッダー管204と、出口配管202とを備えた熱媒体と気体との熱交換をする排ガス熱交換器400であって、入口ヘッダー管の内部を分割する仕切り板407が設けられ、分割された入口ヘッダー管の領域には、入口配管または入口配管から分岐したバイパス管404が接続され、バイパス管は、熱媒体の流量を調整する流量調整弁405を有し、気体の入口温度の分布を測定するための気体温度センサ401、402を有し、出口配管には、熱媒体の温度を測定する熱媒体温度センサ403を設け、気体温度センサ及び熱媒体温度センサの測定結果に基づいて、流量調整弁の開度を調整する。【選択図】図4

Inventors:
ISHIMARU HIROTOSHI
KAWAMURA HIRONOBU
TAKEDA NOBUYUKI
Application Number:
JP2015054777A
Publication Date:
October 06, 2016
Filing Date:
March 18, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
JOHNSON CONTROLS HITACHI AIR CONDITIONING TECHNOLOGY (HONGKONG) LTD
International Classes:
F25B15/00
Domestic Patent References:
JP2004069092A2004-03-04
JPH03294702A1991-12-25
JP2000346309A2000-12-15
JP2001091099A2001-04-06
JP2013064569A2013-04-11
JPH0325263A1991-02-04
JPS5618594U1981-02-18
JPS5948497U1984-03-30
JPH09296904A1997-11-18
JP2001272031A2001-10-05
JP2009127888A2009-06-11
JP2014142150A2014-08-07
JP2003130487A2003-05-08
JP2016176604A2016-10-06
Attorney, Agent or Firm:
ポレール特許業務法人