Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
ALUMINUM ALLOY CONDUCTIVE WIRE, ELECTRIC WIRE USING THE SAME, WIRE HARNESS AND PRODUCTION METHOD OF ALUMINUM ALLOY CONDUCTIVE WIRE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017053010
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】優れた耐衝撃性及び耐久性を両立させることができるアルミニウム合金導電線、これを用いた電線、ワイヤハーネス及びアルミニウム合金導電線の製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】Siを0.15質量%以上0.25質量%以下、Feを0.6質量%以上0.9質量%以下、Cuを0.05質量%以上0.15質量%以下、Mgを0.3質量%以上0.55質量%以下、Tiを0質量%より多く、Vを0質量%より多く含有し、残部がアルミニウム及び不可避的不純物からなるアルミニウム合金導電線であって、Ti及びVを合計で0.015質量%以下含有し、220MPa以上の引張強度及び2%以上の伸びを有するアルミニウム合金導電線。【選択図】なし

Inventors:
SHINODA TATSUNORI
Application Number:
JP2015178992A
Publication Date:
March 16, 2017
Filing Date:
September 11, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
FUJIKURA LTD
International Classes:
C22C21/00; C22F1/04; H01B1/02; H01B5/02; H01B7/00; H01B13/00
Attorney, Agent or Firm:
青木 博昭
森村 靖男