Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
Attachment metal fittings of a reinforcement brace
Document Type and Number:
Japanese Patent JP6361999
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】吊りボルト固定部31aと圧接部材4aとによって吊りボルト1に圧接挟持した状態において、ボルト部22を強制的に螺入する操作が行え、その先端角部の接触部分となる圧接部材4aに噛み込み圧痕を形成させて、補強ブレース2の側面を垂直状態とする回転調整操作が行え、強固に締め付け固定された挟持状態を、振動負荷によるガタツキや位置ヅレ、変形など生じることなく長期に渡って維持する。【解決手段】側片部32a内の吊りボルト1とナット部33a1との間に、ボルト部22の螺入操作で吊りボルト1に押圧面当て可能な圧接部材4aを配設せしめると共に、該圧接部材4aを、螺入送りにより締め付け操作されるボルト部22の先端を介して吊りボルト1に押圧面接せしめ、吊りボルト固定部31aと圧接部材4aとの間で吊りボルト1を挟持して組付け固定すべく構成する。【選択図】 図1

Inventors:
能重 彰彦
八百板 潤
前川 伸哉
Application Number:
JP2017158236A
Publication Date:
July 25, 2018
Filing Date:
August 18, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
株式会社能重製作所
International Classes:
E04B9/18; F16B1/00; F16B2/12; F16B7/04
Domestic Patent References:
JP2013144891A2013-07-25
JP2013144891A2013-07-25
JP2015206221A2015-11-19
JP2013144891A2013-07-25
JP2015206221A2015-11-19



 
Previous Patent: Game machine

Next Patent: X-RAY CONVERSION METHOD