Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
AUTOMOBILE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2019103306
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】誘導モータの回転数を検出するセンサに異常が生じているときでも、誘導モータからトルクを出力することなく平滑コンデンサの電荷を放電する。【解決手段】誘導モータから出力するトルクをゼロとするゼロトルク制御により電力ラインに取り付けられた平滑コンデンサの電荷を放電する。この際、回転数センサに異常が生じているときには、誘導モータに連結された駆動輪の回転数に連動する速度を検出するセンサからの検出値に基づいて誘導モータの回転数を推定し、推定した回転数を用いて誘導モータをゼロトルク制御することによって平滑コンデンサの電荷を放電する。これにより、誘導モータの回転数を検出するセンサに異常が生じているときでも、誘導モータからトルクを出力することなく平滑コンデンサの電荷を放電することができる。【選択図】図2

Inventors:
NISHIMOTO TAKUYA
Application Number:
JP2017233719A
Publication Date:
June 24, 2019
Filing Date:
December 05, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TOYOTA MOTOR CORP
International Classes:
B60L3/00; B60K6/445; B60K6/52; B60W10/08; B60W20/50; H02H5/10; H02P27/04
Attorney, Agent or Firm:
Patent business corporation Aitec International Patent Office



 
Previous Patent: 電源装置及び通信装置

Next Patent: 制御装置