Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
BEARING FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE, AND MANUFACTURING METHOD OF BEARING FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016223562
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】内燃機関用の軸受において暖気特性を改善する。【解決手段】半円筒型軸受11は、相手軸と摺動する内周面112およびハウジングと接する外周面113を有する半円筒形状に樹脂で形成された軸受本体111を有する。半円筒型軸受11は、内周面の少なくとも一部を含む、樹脂で形成された樹脂層と、その樹脂層に密着して形成され、これを補強する補強層とが積層された構造を有していてもよい。この場合、軸受本体111は、内周面112を含む樹脂層1111と、樹脂層1111に密着して形成された補強層1112と、を有する。補強層1112は、樹脂層1111を形成する樹脂よりも剛性の高い材質が用いられ、樹脂層1111に密着して形成されることにより樹脂層1111の剛性を高める。補強層1112の材質は、例えば鉄、アルミニウムや、ステンレス鋼などの金属である。【選択図】図8

Inventors:
UEDA TAKEHITO
Application Number:
JP2015111731A
Publication Date:
December 28, 2016
Filing Date:
June 01, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TAIHO KOGYO CO LTD
International Classes:
F16C33/20; F16C9/00; F16C17/02
Domestic Patent References:
JPH07119731A1995-05-09
JP2006170420A2006-06-29
JP2014234860A2014-12-15
JP2012220011A2012-11-12
JP2011235633A2011-11-24
JP2013204809A2013-10-07
Attorney, Agent or Firm:
特許業務法人朝日特許事務所
渡邉 浩