Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
BRUSH AND METHOD OF MANUFACTURING BRUSH
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017063811
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】水抜けが良く、また毛束の所定のしなやかさを維持できる使用感の良いブラシ及びブラシの製造方法を提供することを目的とする。【解決手段】平線を用いることなく、毛束5Aを合成樹脂製のヘッド部に植設したブラシ1において、前記ヘッド部の表面と背面を貫通した複数の植設穴6と、複数の合成樹脂製繊維からなり、前記複数の植設穴の夫々に挿通される複数の毛束5Aと、前記複数の植設穴に挿通した夫々の毛束のヘッド部背面側の一端部に形成された、前記毛束が溶融固化した状態の塊状部5Bと、前記毛束の塊状部5Bが係止される係止部6aと、前記複数の植設穴6の夫々に設けられた、前記係止部6に係止された毛束5Aの塊状部5Bの背面側を覆い、かつ前記植設穴を閉塞する、樹脂を溶融固化した状態の複数の毛束固定部7と、を備え、前記一つの毛束5Aが一つの毛束固定部7によって、前記ヘッド部4に固定されている。【選択図】図2

Inventors:
NAKAMURA HITOSHI
TAKIGAWA SEIICHI
Application Number:
JP2015189212A
Publication Date:
April 06, 2017
Filing Date:
September 28, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI PENCIL CO LTD
International Classes:
A46B3/00; A46D3/00
Domestic Patent References:
JP2017520307A2017-07-27
Foreign References:
US20120317737A12012-12-20
US20110225758A12011-09-22
EP1110479A12001-06-27
WO2016097091A12016-06-23
Attorney, Agent or Firm:
木下 茂



 
Previous Patent: A magnetic pillow

Next Patent: Endoscope supporting structure