Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
Cement clinker and a cement composition
Document Type and Number:
Japanese Patent JP5907446
Kind Code:
B1
Abstract:
【課題】セメントクリンカ中のAl2O3が比較的多い場合にも、該セメントクリンカを含むセメント組成物の流動性及び強度の低下を十分に抑制することを課題とする。【解決手段】本発明のセメントクリンカは、Al2O3を6.0質量%以上8.0質量%以下、SO3を0.7質量%以上2.2質量%以下、Fを0.01質量%以上0.3質量%以下、TiO2を0.1質量%以上0.8質量%以下、P2O5を0.2質量%以上0.5質量%以下、Srを0.01質量%以上0.5質量%以下含むセメントクリンカであって、前記Al2O3の含有量(質量%)と、前記SO3の含有量(質量%)と、前記Fの含有量(質量%)と、前記TiO2の含有量(質量%)と、P2O5の含有量(質量%)とが下記式1を満たす関係である。Al2O3の含有量≦αSO3の含有量+γTiO2の含有量+εP2O5+η・・・(1)(但し、α=10.3×Fの含有量+1.3、γ=−2.8、ε=3.5、η=−13×Fの含有量+5.4)【選択図】なし

Inventors:
狩野 和弘
松田 英明
平野 有紀
Application Number:
JP2015100209A
Publication Date:
April 26, 2016
Filing Date:
May 15, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
住友大阪セメント株式会社
International Classes:
C04B7/02; C04B7/24; C04B14/04; C04B14/28; C04B18/08; C04B18/14; C04B28/02
Domestic Patent References:
JP2012012285A2012-01-19
Foreign References:
WO2013179702A12013-12-05
Other References:
JPN6013010746; G K Molr: 'MINERAISERS, MODIFIERS ANDACTIVATORS IN THE CLINKE' 9th International Congress on the Chemistry of Cem Volume I, 1992, p.125-152
JPN6015031260; セメントの常識 社団法人セメント協会, 199811, p.16
Attorney, Agent or Firm:
藤本 昇
中谷 寛昭