Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
COATING EQUIPMENT
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016145694
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】塗料の乾燥に必要なエネルギーを効果的に低減することができる塗装設備を提供すること。【解決手段】塗装設備10は、塗装ブース11、乾燥炉12及び固体酸化物形燃料電池30を備える。塗装ブース11ではワークW1に対して塗装が行われる。乾燥炉12では、温風を作用させることにより、ワークW1に塗布された塗料を乾燥させる。固体酸化物形燃料電池30は、塗装ブース11及び乾燥炉12のうち少なくとも一方の空調用電力を発生させる。なお、塗装ブース11及び乾燥炉12のうち少なくとも一方に温風を供給する温風供給装置71,101の熱源としては、改質器から排出された排気ガスの熱、セルスタックの燃料極から排出されたオフガスを燃焼して得た燃焼熱、及び、セルスタックの空気極から排出された排気ガスの熱の少なくとも1つが使用される。【選択図】図1

Inventors:
GOTO MASAHIRO
Application Number:
JP2015023530A
Publication Date:
August 12, 2016
Filing Date:
February 09, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
TRINITY IND CO LTD
International Classes:
F26B23/00; B05C9/14; F26B3/04; H01M8/00; H01M8/0612; H01M8/12
Domestic Patent References:
JP2007510120A2007-04-19
JP2004192952A2004-07-08
JPH01204368A1989-08-16
JP2014046065A2014-03-17
JP2008234994A2008-10-02
Attorney, Agent or Firm:
Atsumi Hisahiko