Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
COLONIC DRUG DELIVERY FORMULATION
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017095507
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】上流の消火管の酵素による消化に耐性を示し、結腸に常在する細菌種群によって産生されるα−アミラーゼ酵素等の結腸細菌酵素により、結腸内で消化され、コアに有する薬物を放出する、新規遅延放出性薬物製剤の提供。【解決手段】デンプン、アミロース、アミロペクチン、キトサン、コンドロイチン硫酸、シクロデキストリン、デキストラン、プルラン、カラギーナン、スクレログルカン、キチン、カードラン及びレバンから選択される第1の材料と、pH閾値が約pH5以上である第2の材料との混合物を含む、遅延放出性コーティングを使用して、コアからの薬物の放出を、腸、特に結腸に標的化する遅延放出性薬物製剤。特に少なくとも50重量%のアミロースを有するデンプンであることが好ましいコーティング材料により被覆されることが好ましい、遅延放出性薬物製剤【選択図】なし

Inventors:
BASIT ABDUL WASEH
IBEKWE VALENTINE CHIDI
Application Number:
JP2017009975A
Publication Date:
June 01, 2017
Filing Date:
January 24, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
UNIV LONDON
International Classes:
A61K9/36; A61K47/36; A61K47/40
Domestic Patent References:
JP2009502908A2009-01-29
JP2008513383A2008-05-01
JP2007505921A2007-03-15
JPH09510478A1997-10-21
JPH04501411A1992-03-12
JPH03505448A1991-11-28
JPS58501174A1983-07-21
Foreign References:
WO2001010467A12001-02-15
WO1995028963A11995-11-02
Attorney, Agent or Firm:
Patent business corporation Moegi patent office