Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CONNECTING METHOD OF FABRIC TUBE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017133576
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】 織物管1を作業現場において容易に且つ強固に接続し、長尺の一体の織物管として取り扱うことができる方法を提供することを目的とする。【解決手段】 環状に配置されたたて糸と、当該たて糸に対して螺旋状に織り込まれた合成樹脂の剛直なモノフィラメントよりなるよこ糸とを織成してなり、長さ方向に剛直化してなる織物管の接続方法であって、接続される一方の織物管の一端を、その外径が他の部分の内径より若干小さくなるまで縮小し、その縮小した端末を他方の織物管の一端に挿入し、当該他方の織物管の一端部を加熱して前記よこ糸を収縮せしめる。【選択図】 図1

Inventors:
MIYAZAKI KYOTARO
HIRAKO KENSHIRO
Application Number:
JP2016012959A
Publication Date:
August 03, 2017
Filing Date:
January 27, 2016
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
ASHIMORI IND CO LTD
International Classes:
F16L21/00; D03D1/00; D03D3/02; D03D15/00; D03D15/02; E02D17/20; E02D29/02; F16B4/00; F16B7/20
Attorney, Agent or Firm:
竹安 英雄