Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CONNECTING ROD AND CROSSHEAD TYPE ENGINE EQUIPPED WITH THE CONNECTING ROD
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2016191463
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】連接棒の端部の軸受面に開口する給油通路の影響による軸受メタルの圧力変形を抑制し、軸受メタルの摺動面における最大油膜圧力が急激に高くなる場所を無くしてエンジン耐久性を高める。【解決手段】クロスヘッド型エンジンのクロスヘッドジャーナルとクランクピンとの間を連結する連接棒18は、その内部を長手方向沿いに延びるように形成されて端部8Aの軸受面8aに繋がる給油通路15と、軸受面8aの周方向に沿って延びるように形成されて給油通路15が軸受面8a上に開口する開口部15cに繋がる給油溝16と、軸受面8aに装着される半割り円筒状の軸受メタル11とを備えている。給油通路15の開口部15cの位置は、軸受面8aにおいて、前記クロスヘッドジャーナルから作用する圧力が最も高く作用する圧力範囲Rに対して周方向外側の位置にある。また、給油溝16は圧力範囲Rの中には形成されていない。【選択図】図1

Inventors:
NISHIDA HIDEAKI
SHIGIHARA TAKUZO
Application Number:
JP2015073316A
Publication Date:
November 10, 2016
Filing Date:
March 31, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI HEAVY IND LTD
International Classes:
F16C7/02; F01M1/06; F16C9/04
Domestic Patent References:
JP2007532845A2007-11-15
JP2013241997A2013-12-05
JPS58106612U1983-07-20
JP2004068682A2004-03-04
JPH0754997A1995-02-28
Foreign References:
DE2658194A11978-06-29
WO2014203618A12014-12-24
US4345797A1982-08-24
US3495685A1970-02-17
Attorney, Agent or Firm:
Fujiharu
Kunio Ueda



 
Previous Patent: Hole plug

Next Patent: A support implement for shell fixation