Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CONTROL DEVICE OF ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017089555
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】過渡時等におけるエンジンの応答性を高めつつ適正な燃焼を実現することのできるエンジンの制御装置を提供する。【解決手段】吸気通路30と排気通路40とを連通して排気の一部をEGRガスとして気筒2に還流するEGR通路51と、気筒2に還流するEGRガスの量を変更して気筒2内のガスのうちEGRガスが占める割合であるEGR率を変更可能なEGR率変更手段52と、気筒2内に水を噴射する水噴射手段22とを設け、EGR率の目標値をエンジン本体1の運転状態に応じて設定して実際のEGR率がこの目標EGR率になるようにEGR率変更手段52を制御するとともに、目標EGR率が増加すると、水噴射手段22によって気筒2内に供給される水の量を増加させる。【選択図】図10

Inventors:
FUJIMOTO MASAHIKO
YAMASHITA HIROYUKI
Application Number:
JP2015222424A
Publication Date:
May 25, 2017
Filing Date:
November 12, 2015
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MAZDA MOTOR CORP
International Classes:
F02D19/12; F02B47/02; F02D21/08; F02D43/00; F02M25/022
Domestic Patent References:
JP2004068776A2004-03-04
JP2004068776A2004-03-04
JP2009114957A2009-05-28
JP2010084660A2010-04-15
JP2015094334A2015-05-18
Foreign References:
US20130218438A12013-08-22
US20130218438A12013-08-22
US9528475B22016-12-27
Attorney, Agent or Firm:
小谷 悦司
小谷 昌崇
佐藤 興



 
Previous Patent: An engine control device

Next Patent: An engine control device