Login| Sign Up| Help| Contact|

Patent Searching and Data


Title:
CONTROL DEVICE OF ENGINE
Document Type and Number:
Japanese Patent JP2017141843
Kind Code:
A
Abstract:
【課題】ウェイストゲートバルブの学習機会をコンスタントに確保する。【解決手段】排気通路31上の過給用タービン16Aを迂回する迂回路32に介装され、電動アクチュエータ18により駆動されるウェイストゲートバルブ17を具備するエンジン10の制御装置1であって、ウェイストゲートバルブ17の位置を検出する検出手段47を備える。さらに、エンジン10の始動前にウェイストゲートバルブ17を全閉にして検出手段47により検出された位置SCL1からウェイストゲートバルブ17の初期全閉位置ISCLを学習する第一学習と、エンジン10の始動後にウェイストゲートバルブ17を全閉にして検出手段47により検出された位置SCL2からウェイストゲートバルブ17のゼロ点S0を学習する第二学習とを実施する学習手段3aと、第一学習で得られた学習値と第二学習で得られた学習値との差異を算出する算出手段3eと、を備える。【選択図】図1

Inventors:
KAWABE TAKASHI
HIRAISHI FUMIAKI
MURATA SHINICHI
Application Number:
JP2017104139A
Publication Date:
August 17, 2017
Filing Date:
May 26, 2017
Export Citation:
Click for automatic bibliography generation   Help
Assignee:
MITSUBISHI MOTORS CORP
International Classes:
F02B37/18; F02B37/00; F02B37/12; F02B39/16
Domestic Patent References:
JP2008196389A2008-08-28
JP2009243377A2009-10-22
JPH02275033A1990-11-09
JP2008002428A2008-01-10
Foreign References:
WO2010084616A12010-07-29
Attorney, Agent or Firm:
真田 有